コーギーおじゃが♪ ほくほく成長記

ちょっと毛足が長めのコーギー「おじゃが」くん♂の成長記録を、新米飼い主「福ぶちょう」がお届けするブログです

おじゃがの靭帯断裂から手術までの経過 備忘録

福ぶちょうです。

今日の記事は経過のメモ書きです。おじゃが家の備忘録。

  

2021年2月8日

散歩が終わったあと、家でゆっくりしていると、おじゃがが左後ろ脚を引きずっている。しばらくすると普通に歩いているように見えるが、横になったあと立ちあがるときに引きずっている。前日(2月7日)も足を引きずっていたように見えたが、一瞬だったので様子をみていた。

 

2021年2月10日

かかりつけの動物病院を受診する。膝を痛めているようだ、とのことで消炎鎮痛剤を処方される。ヘルニアと変形性脊髄症は否定される。散歩をしてもいいと言われ、普通の生活に戻る。

 

 2021年2月17日

薬を飲んでいつもと変わらない様子に戻っていたが、私が帰宅して、散歩に出ようと準備をしている時、はしゃいで室内を走っていたおじゃがが、足を引きずり始める。これまでで一番痛々しい感じ。痛みを感じたような鳴き声は出さなかった。散歩を中止し、翌日、またかかりつけの病院を受診することに決める。

 

2021年2月18日

かかりつけの病院を受診する。医師から靭帯が断裂していると告げられる。足の引きずり方から完全断裂ではないが、手術を勧められる。ワイヤーで固定する方法と骨を切ってずらす方法があり、骨を切るのは大学病院でしかできないとのこと。

かかりつけ医に大学病院を紹介してもらいながら、セカンドオピニオンで別のクリニックを受診する。やはり靭帯断裂との診断。手術をせず、保存的治療もできるかもしれないが、大学病院にかかるなら、そこで相談するのがいいと言われる。

 

2021年2月22日

大学病院を受診する。レントゲン、採血などの検査の結果、改めて靭帯断裂の診断を受ける。骨を切る手術(TPLO)と保存的治療について、それぞれのメリットとデメリット、リスクを説明される。手術することに決める。

 

2021年3月1日

手術前日。前日から入院するため、お昼前に大学病院に連れていく。本人は回復傾向で、本当に手術が必要だったか・・・ほんの少しためらう。インターン生と担当医師におじゃがを預けて、診察室を出る。鼻鳴きと、ワンっ!という大きな声に後ろ髪をひかれつつ、帰宅する。

 

2021年3月2日

手術当日。9時30分頃、手術を開始する前の報告と、入院後のおじゃがの様子について、病院からパートナーに電話が入る。おじゃがは、ごはんもしっかり食べ、睡眠もとれていたようだが、人が来ると寂しそうにしていたとのこと。

15時頃、無事手術が終わったとパートナーに電話が入る。術後の様子を見るために、大学病院の駐車場で待機していた私たち。すぐに面会に行く。

手術室にあるガラス戸の入院用ケージの中でおじゃがが寝ている。麻酔から醒めたが、やや興奮していたため、落ち着く薬を点滴されていた。ベロを口の外に出したまま、スースーと寝ていたが、しばらくするとハアハアと呼吸をしている。大きな手術の後で、体に負担がかかっているからだろうか。それとも私たちの匂いや声を感じたからか。手術が終わったことに安堵しつつ、ぐるぐる巻きの包帯の痛々しさに胸が痛くなる。

担当医師から手術の画像を見せてもらった。金属のプレートで骨を固定。コンパスのような道具で、骨を回転させる場所の長さを測って、印をつけてから切り、回転するようにずらして終了。断裂した靭帯は取り出されていた。おじゃがの体を支えてる靭帯が、輪ゴムのようなものでびっくりする。

眠っている様子をもう一度見て、担当医師とインターン生に御礼を言って帰宅する。

 

2021年3月3日

パートナーが大学病院に面会に行く。面会は予約制で、時間も限られているため、仕事だった私は、パートナーに聞いておいてほしいことを伝えておいた。

パートナーに会ったおじゃがは、顔を見てから帰るまで、興奮気味で、ずっと鼻鳴きをしていたらしい。おじゃがと暮らして6年になるが、初めて見る姿だったとパートナーは言っていた。病院の職員さんによると、術後に覚醒した後から、クンクン鼻鳴きをしていたそう。痛みで鳴く子と、寂しさで鳴く子がいるらしいが、パートナーとの面会の様子を見て、寂しさによるものだと確信したとのことだった。

パートナーが帰るときには、一層大きな鼻鳴きをして「なんで?なんで?なんで?なんで帰れないの!?」って言っているようだった・・・いや、言っていたらしい。

おじゃがは手術前からインターンの学生さんたちに、順番になでてもらっていたようだ。人懐っこく、愛嬌があって、名前もかわいいから、病院でも人気者だと聞いて、おじゃがは本当にいい子に育ったなと、温かい気持ちになった。「おじゃが」の名前は、響きでつけたもの。でも「おじゃが!」と呼んで、愛犬が駆け寄ってくる姿を想像するだけで愛おしいから、迎え入れる準備が整う前から、いつか飼うコーギーの名前を決めていた。正解だったと思う。

術後に確認したかったことと、病院の回答は以下のとおり。

①抜糸はいつか:入院中(14日程度)に抜糸する予定

②退院後に内服はあるか:なし

③退院後、経過を診る受診はあるか:ある

④眼のできものがあるが、大学病院でも診察可能か:眼科に紹介可能

⑤眼の手術をする場合、期間は開けるか:安定するまで開けたほうがいい

⑥生活上の注意点はあるか:退院時に説明する

⑦入院中、本人をもみもみしてもらえるか:可能 すでにもみもみしている

 

 

今日は私もパートナーも仕事で面会には行けませんでした。もしかしたら面会することで寂しさが募る可能性もあるし、面会したパートナーの話では、寂しがられるこちらも辛いらしいので、頻繁に行くのがいいことがどうかも迷うところです。面会後に本人があまり寂しがるようなら、病院側もモニター面会にすることもあるらしいので、状況によってこのあとのお見舞いの頻度を考えます。

 

以上、備忘録でした。
f:id:love-ojyaga:20210304203348j:image

3日のおじゃがの様子

 

 

おじゃがさんに応援のクリックを

お願いします!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

コーギーおじゃが♪ほくほく成長記

~フラッフィー?コーギーのブログ~

 

回復力と順応性と躊躇

福ぶちょうです。

手術日が決まり、近日中に入院することが決まりました。とても心配です。おじゃがさんは日に日に足を引きずることが少なくなっています。もちろん、切れた靭帯がもとに戻ることはないので、足の骨がずれた状態で生活することに慣れてきた状態なのだと思います。

いつもとあまり変わらない様子で過ごすようになり、遊びたそうにはしゃぐおじゃがさんを見ていると、本当はこのまま、何もしないで良いのではないか、という考えが一瞬頭をよぎります。もし、手術で何かあったらどうしよう。入院中、知らない場所で、怖い思いをしないだろうか。心配は尽きません。

歯の治療も去勢手術も日帰りであったことを考えると、今回の手術は間違いなく、今までで一番大きな手術になります。どうか無事に終わって、元気に過ごせる幸せな日が戻ってきますように。

f:id:love-ojyaga:20210227113748j:plain

 

 

おじゃがさんに応援のクリックを

お願いします!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

コーギーおじゃが♪ほくほく成長記

~フラッフィー?コーギーのブログ~

 

靭帯断裂していました。手術をする予定です。

福ぶちょうです。

先日、おじゃがさんが足を引きずり、受診をした結果、膝を痛めているという記事を書いたばかりですが、その後、靭帯が断裂していることがわかりました。

前回の記事を書いた後、消炎鎮痛剤を服薬し、良好な経過を辿っていたのですが、薬の服用が終わった翌日、散歩に行く前に家の中ではしゃいでいたおじゃがさんが、これまで以上に左後ろ足を引きずり始めました。痛みを感じたような声はあげませんでした。もちろん散歩は中止。翌日、私は仕事でしたが、パートナーが病院に連れて行ってくれました。

かかりつけの病院に行く

まずは、前回診察してもらったいつもの動物病院にかかりました。状況を見て先生は

「靭帯が断裂している。足をついて歩いているので、完全断裂ではないと思う」

「すぐに手術が必要」

「2種類の手術があり、1種類はクリニックでできるが、もう1種類は大学病院でないとできない」

とのことでした。パートナーは、大学病院を紹介してもらいつつ、近隣の別の動物病院でセカンドピニオンを受けることにしました。パートナーが不安そうに話を聴いていたからでしょうか、動物病院の看護士さんが、パートナーに「おじゃがちゃんは、目が生き生きしているから大丈夫ですよ」と、優しく声をかけてくださったそうです。

 

セカンドオピニオン

パートナーは、いつもの動物病院を出たその足で、近隣の動物病院におじゃがを連れていき、セカンドオピニオンを受けました。その病院では、レントゲン撮影をし、靭帯が損傷していることは間違いないとしながら、

「服薬で保存的に治療をすることもできるかもしれない」

「大学病院を受診するなら、そこで診察してもらって判断した方がよい」

とのことでした。

 

大学病院へ

かかりつけの動物病院で大学病院を紹介してもらい、受診してきました。この日は私も付き添うことができました。初めて行く大学病院は、人の病院と同じくらい大きく、とても立派でした。診察室に呼ばれると、インターンの先生にこれまでの経過や既往歴を確認されました。その後、検査のために奥の部屋へおじゃがは連れていかれました。

歩行状態の観察、触診、レントゲン、採血を実施し、おじゃがと一緒に結果の説明を受けました。

検査の結果、状態、病名の説明は以下の通りです。

  • 左後ろ脚に体重をかけられていない
  • 足を引きずって歩く様子がある
  • 膝の関節が腫れ、関節に水が溜まっている
  • 膝の下の骨が、前に出ている
  • 膝の関節でコリコリ音がする
  • 腰の骨を押すと少し嫌がる

骨が前に出ているのは、靭帯が切れ、正しい位置で固定できなくなっている状態。関節でコリコリ音がするのは、半月板が損傷している可能性があるため、とのことでした。腰の骨を押すと少し嫌がる感じはあるものの、これは気にならない程度。採血結果からも神経の病気であることは否定され、診断名は「左側前十字靭帯の断裂」とのことでした。

治療の方法は、保存的治療と手術。靭帯断裂は、直後、ガラスで刺したような痛みが走り、その後、痛みは落ち着いてくるのだそう。ただ、そのままにしていると、関節炎、半月板損傷、などのリスクがあることを説明されました。手術の方法は、TPLOと呼ばれる方法で、骨を一部切り、回転させることで骨と骨の接地面を調整し、体重をかけられるようにする術式です。術後3ヶ月ほどで、状態が改善するとのことでした。手術をすることにももちろんリスクはあり、血管を傷つけて出血してしまうことや、膝のお皿の脱臼、膝の下の骨の損傷などの可能性はあるそうです。

「また、走れますか?」とパートナーが先生に尋ねると、手術をすれば走れるようになるとのことでした。激しいドッグスポーツはしないとしても、テンションが上がって、楽しそうに走るおじゃがをひやひやしながら止めて、我慢させるのは、本人も私たちもつらいです。

私たちは手術をすることを選択しました。

 

入院に向けて

現在、日程を調整しているところです。入院期間は10日~14日。これまでお家以外でお泊りなどしたことのないおじゃがさんは、さぞかし不安だろうと思います。面会は決められた時間で予約制。面会後に寂しがる場合はモニターで様子を見ることもできるそうです。ごはんはいつものごはんを持ち込んでもいいし、病院のごはんを食べてもいいらしいです。いつものごはんの方が食べるかな?食欲は落ちたことがないので大丈夫だと思いますが、少しでも安心できるものにしてあげたいと思います。

 

 

遊び方がよくなかったかな、足に負担がかかる生活をさせてしまったせいかなと、後悔してもしかたがないのですが、いろいろと考えてしまいます。今できることの中で、私たちが考えるおじゃがさんの幸せを選んでいこうと思います。

 

~大学病院診療費メモ~

初診料、血液検査、レントゲン、神経学的検査、整形学的検査:32,197円

手術、入院費目安:450,000~550,000円 

 

f:id:love-ojyaga:20210223174650j:plain

 

 

おじゃがさんに応援のクリックを

お願いします!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

コーギーおじゃが♪ほくほく成長記

~フラッフィー?コーギーのブログ~